新しい働き方会議2020に出展レポ ~ 社長、噛まずに話せたってよ ~

【遠隔作業支援スマートグラスSynchroAZ(シンクロアイズ)】

伝わるか?!武井節炸裂のプロジェクト説明

9月26日(土)に新しい働き方会議というイベントにて、チームSynchroAZの新たな仲間を募集してきました! 例年はオフラインで開催される企業展ですが、今年は状況が状況なのでオンライン開催。 想いあふれる我らが武井社長のプレゼンは、果たして画面越しでも伝わったのか?  

9名の方と個別交流できました!

他の会社がきっちりとまとめてくる中、弊社は武井節炸裂のプレゼン!

「手段は自由!責任は私が持つ!」

「人生は思い出づくり」

「一緒にぶっ飛んだ企画考えよう」

「このデバイスは最高にクール」

「ワンピースのルフィみたいな社長です」

こんなワードを連発www しかし、私も含めたチームメンバーはその想いに共感してジョインしているので、むしろ手応え十分なプレゼン。 結果、第2部の個別交流タームでは、なんと計9名の方々に集まっていただけました。    

個別交流時に聞かれたご質問を紹介します

さて、個別交流時にいくつか参加者の方からご質問をいただきました。 その一部をここでご紹介します。

開発時に苦労したこと、上手くいかなかったことはありますか?

SynchroAZの開発は、コロナ流行前にスタートしています。当初はzoom社とのやり取りも順調でした。

しかし、コロナ禍になり需要の拡大とともにzoom社が多忙になり連絡がつきにくくなってきました。

さらにセキュリティ対策のバージョンアップも重なったことで、開発スピードにブレーキが掛かってしまった点は、大変でした。

 

製品はどういう使われ方をしていますか?

例えば、コロナ禍で海外事業所に直接行けないなどの対応があります。

誰もが知っている一部上場企業をはじめ、様々な業界からお問い合わせはあります。

意外だったのは、美容業界。エクステの付け方などを施術者目線で確認するというものでした。

このように10社あれば10通りの使い方があり、我々も予想しない使い方を逆に教わっています。

しかし、それらはあくまで顕在化しているニーズへの対応がほとんど。

今回欲しいのは、潜在的なニーズにコミットできるようなぶっ飛んだアイデアです。

今検討中なのは、コスプレイヤーさんとのコラボやオンラインイベントへの貸し出しなど。

今後は、真面目な使い方だけでなく、バズっちゃうようなアイデアを募集中です。  

 

最後に

SynchroAZという「最高にクールなデバイス」の可能性は無限大。

製品だけでなく、チームSynchroAZにご興味ある方もぜひお問い合わせください!

なにせ責任は社長が持ってくれますのでwww